身内や友人だけで葬儀ができる家族葬|故人に相応しい葬儀やお墓選び

葬儀場

故人の思い出と片付け

墓地

整理する際に注意すること

家族や友人が亡くなると、悲しみから何も手につかないという場合があります。そのため、気持ちが少し落ち着いてから、一段落となる49日を境に遺品整理をしていくことが多いです。色々な荷物を片付けていくことで故人を偲び、気持ちをひとつひとつ片付けていくことにも繋がっていきます。まず、遺品整理をするときには大切な通帳や印鑑、手続きに必要なカード類を間違って捨てないようにしましょう。保険の加入状況や申請に必要なもの等が紛れないよう、必要なものは別の部屋に移すなどの工夫をすることでトラブルを防ぐことができます。また、必要か必要でないかを家族にきちんと尋ねた上で廃棄するようにしましょう。形見として残しておきたいものは家族や個人により違います。後々、捨ててしまってから必要だったと気づいて慌てることがないようにしましょう。

整理は宝の山にもなる

故人の遺品整理をする上で、誰も使わないようなものや、新品のバッグやブランド品、洋服や貴金属、切手や現金など沢山のものが出てきます。リサイクルに回せるものはリサイクルショップに連絡をして引き取りに来てもらうと良いでしょう。貴金属や切手などは必要なものを形見分けしてから売買できる店舗に持っていくと意外な値段で取引される場合があります。また、遺品整理をすることが困難な場合には業者を呼ぶことでスムーズに進めることができます。また、業者によっては買取りもしてくれるため、諸経費を抑えることが出来たりもします。故人が残した思い出をお金に変えることは抵抗があるかもしれません。ですが、誰かが使ってくれるなら使ってくれた方が物は長持ちします。気持ちを整理するためにも遺品整理をして、故人の思い出を大切にしていきましょう。